pet検査の対象年齢

pet検査の対象年齢

pet検査はガンの性質を利用した検査で、PETと言うのは陽電子放射断層撮影と言う意味を持ちます。
検査を受ける時には検査薬となるFDGと呼ばれる薬剤を投与してからpet検査は開始されます。
このFDGと言うのは、ブドウ糖に近い成分を持つ薬剤で、がん細胞組織と言うのは、通常の細胞組織と比べるとブドウ糖を多く取り込む性質が有り、FDGを投与する事でガン細胞組織の有無を発見することが出来るのです。

また、pet検査は5ミリから1センチほどの極小さなガンの早期発見にも役立てることが出来ると言われており、人間ドックを受診する人の中にはオプションでこの検査を行う人も多いと言います。
尚、この検査の対象年齢と言うのは人間ドックの検査同様に、40歳を超えてからと言われており、40歳以上を対象年齢としているのが特徴です。
但し、40歳にならないと検査を受けてはならないと言う事ではなく、40歳を超えることでガンの発生率が高くなることからも対象年齢を40歳以上としているのです。

35歳以上のpet検査

40歳になるくらいから人間ドックの重要性が説かれています。よって四捨五入して40歳を迎える35歳からの健康診断を含めた人間ドックを受けることに大きなメリットを受けることができるでしょう。病気というのは、大きく進行する前に事前に対処することで予後が非常に良好になります。そのためにも1年に1回は、自分の身体を見つけ直す日を作ることおすすめします。

最近はpet検査という画期的な診断方法ができました。これはがんの特性であるブドウ糖を取り入れるという特徴を用いて、特殊な放射線を帯びた粒子を体内に入れてがん細胞を発見できるというものです。pet検査であれば、非常に小さながん細胞も見つけることができますので、がんの早期発見早期治療の観点から効果的な役割になると言われています。高いことがネックになり、またがんの種類によっては効果がないという欠点もありますが、総合的にpet検査を含めた検診を行うことで、大変高い検査を行うことができるでしょう。

pet検査当日に用意するもの

pet検査当日に用意するもの

pet検査はがん細胞がブドウ糖を多く取り込むという性質を利用して大腸がんや肺がん、乳がんといった数多くのがんを発見する事を目的とした検査です。
pet検査の当日に用意するものとしては、各種の問診票やpet検査の同意書、自身の健康保険証や各種公費負担医療費受給者証、検査を受ける病院の診察券や、所持している場合はお薬手帳などが必要となってきます。
服装については検査着の方に着替えますので、普段着でも大丈夫となっています。
また、当日の朝食は午前に予約した場合は絶食し、午後の場合は早めに軽く摂るようにします。
検査前の20分から30分前に水やお茶を300mlから500ml程度飲み、水分を摂って排尿をする事により余分な薬を体外に排出し、良い画像を撮る事ができます。
糖尿病の人は原則的に検査を受ける事ができないので、インスリン注射や糖尿病の薬を服用している人は検査の当日から検査の終了まで止める他、主治医に相談する事が必要となっています。

初めてのpet検査の注意点

pet検査とは、放射能を含むブドウ糖に似た物質を体内に点滴等で投与し、それがどのくらい体細胞に吸収されたかを調べることで、がんの有無や良性・悪性を調べる検査です。放射能が含まれた薬剤を使用しますが、すぐに分解されてしまうため、非常に安全性が高く、他の検査では気づけないような小さながんや隠れた場所のがんも発見できる、優れた検査法です。
初めてpet検査を受ける際に気をつけることはいくつかあります。まず、検査の5〜6時間前から絶食することです。pet検査では細胞の糖代謝を調べているので、食事などから糖分を摂取すると正しい検査結果が得られません。水やお茶は飲めますが、スポーツドリンク・ジュースなどの糖を含む飲料水は禁止されており、注意が必要です。また、検査のための薬剤を投与されたあとは、安静にしておく必要があります。前日に激しい運動をすることも避けて下さい。ごく微量ですが、検査のために投与される薬剤には、放射能が含まれています。そのため、検査後1日は幼児や妊婦との接触は避けるようにしてください。

pet検査の待ち時間、オススメの過ごし方

pet検査の待ち時間、オススメの過ごし方

pet検査では血糖値が高い事で検査時の画質に影響を及ぼす事からも、受付時間の5~6時間前から食事や糖分が含まれている飲み物を控えて行く必要が有ります。
但し、通常の水などの水分補給は行っても良いと言う特徴を持ちます。

pet検査では受け付け、着替え、問診を済ませ後に、FDGと呼ばれる検査薬を投与します。
ガン組織はブドウ糖に多く集まる習性があり、FDGと言う検査薬はブドウ糖に類似したもので、pet検査はガンの性質を利用した検査方法になります。
尚、FDGを投与した後は全身に検査薬が回るようにするため安静にしている必要がります。
時間にして1時間ほどの待ち時間となるのですが、歩き回ったり、おしゃべりをしていると診断の妨げになりますので、音楽を聴いたり、読書をしたり、眠るなど、出来る限り身体を動かさずに過ごす事がオススメなのです。

尚、眠る場合などではアイマスクなどの目隠しを利用する事でゆっくりとした時間を過ごせるのでオススメです。

ランキングでpet検査施設をチェック

子供の頃から病院が嫌いで、会社の健康診断も嫌でたまらないけど、仕方なく受けているという人は少なくありませんが、もしがんになると、長く病院に入院したり、手術をしなければなりません。
それが嫌なら普段から正しい生活習慣を送り、定期的にpet検査を受けることをおすすめします。
どの医療施設で受ければいいのかは悩むところでしょうが、自分の周囲に体験した人がいなくて、話が聞けないのであれば、インターネットを使い、ランキングでpet検査施設をチェックするようにしましょう。
ランキングの上位に入っているようなクリニックや病院にpet検査を申し込めば、優しいスタッフが対応してくれますし、設備も最新式なので、どんながんでも見逃すことはありません。
検査が終わった後は、たとえ病気が見つからなくても、医師がさまざまなアドバイスをしてくれるので、それを守って生活すれば、健康に暮らせるようになります。
ランキング上位の医療施設は、格安で利用出来るところも多いので、どこに申し込めばいいかわからないときは参考にするようにしましょう。

世界のpet検査情報

世界のpet検査情報

pet検査とは、陽電子放射断層撮影装置(pet)を使って、体内の画像を撮影する検査です。
主に、がん検査や、てんかん、アルツハイマー型認知症などの脳の病気を診断する場合に用いられます。
pet検査では、まず、ブドウ糖によく似た成分のFDGなど微量の放射性物質を含んだ検査薬を被験者の体内に静脈注射をします。
被験者は、検査薬が全身に回ってから、寝たままでpet装置で画像を取ります。
所要時間は、撮影自体は30分ほどで、準備時間を含めると3時間ほどです。
pet検査には、被験者の負担が少ないこと、1度で全身を診断できること、また、小さながんも発見することが可能などの利点があります。
世界のpet検査情報はというと、近年、欧米だけではなく、韓国、中国などのアジアでも積極的な導入が進められています。
特に欧米では、がんが疑われたらまず最初に行う検査との位置付けがされており、petファーストという言葉があるほどです。

pet検査に関するお役立ちネタ

pet検査は、臓器の形状だけでは分からないがんを、糖代謝機能の異常から判断する検査です。
検査では、微量の放射能を含む物質を静脈中に投与して、身体の中でのその物質の分布を診ることで、がん細胞のような糖代謝が異常に亢進している細胞を発見することができます。また、使用する放射性物質の放出する放射能は、ごく微量であり、身体に害を与えることはないレベルなので、検査は安全に行うことができます。
pet検査を受けることによって、すべてのがんを漏れなく検査できるわけではありません。検査薬剤が排出される経路の泌尿器系や本来大量の糖をエネルギー源として取り込む脳・心臓に対しては正確性が低く、他のがん検査と併用する必要があります。
検査費用は基本的なタイプで約10万円〜が相場となっており、自身の状況や希望に合わせることが可能です。ただし、特別な場合を除いて保険適用外となります。
料金やオプション対応などは、各検査施設のお役立ち情報などで確認ができます。