いわき市・つくば市のpet検査事情

いわき市のpet検査事情

「初期段階のがんを見逃さない治療法」として注目を集めているのはpet検査で、いわき市の大きな病院でも随時行われています。
日帰りコースや1泊2日コースなど医療機関によって違いはありますが、早期発見が出来れば現代の医療でがんを治す事は可能なので、年に1回程度検診を受けると安心です。

がん細胞は正常な細胞より分裂が盛んで、正常細胞の3〜8倍のブドウ糖を必要としますが、その性質を生かして画像にする方法をpet検査と呼んでいます。一度の検査で全身の様子を撮影できるので何度も病院に通う必要がありませんし、肉眼では確認できない細胞を発見するだけでなく、一度「がん」と診断された方は転移や再発がないかについても細かく診ていきます。
特殊な薬剤を使用して検査を行いますが、この薬剤の集まり具合によって良性か悪性かの判断をする事が出来るので、万が一悪性の場合もすぐに治療に取り掛かる事が出来ます。ただしすべての病気において完璧ではなく、判断が難しいものもありますので、詳しくは医師から説明を受けたうえで納得がいったら検査を受けると良いです。

つくばのpet検査事情

つくばというところはいろいろな研究機関や教育機関などが集まっているところです。そのため、大きな医療機関もたくさん建設されています。そのため、最先端の医療機器が導入されている医療機関も多く、精密な検査や治療を行うことが出来ます。日本人の死因の1位といえばがんです。このがんを見つける方法として注目されているものにpetがあります。つくばにはpetを導入している医療機関があるため、pet検査を受けることが可能です。この機器を利用すると一回の撮影で全身にあるがん細胞を見つけることが出来ます。ctと一体となっている装置を使用すれば、がんの部位や大きさはもちろんのこと、広がっている範囲やがんの活動性の評価までが可能となります。pet検査は撮影一時間前にがんに反応する薬物を注射し、撮影を行うだけのため長い時間がかかることもありません。がんは早期に発見することが出来れば治療が可能になってきている病気です。がんのスクリーニング検査として利用してみてはどうでしょうか。