pet検査の対象年齢

pet検査の対象年齢

pet検査はガンの性質を利用した検査で、PETと言うのは陽電子放射断層撮影と言う意味を持ちます。
検査を受ける時には検査薬となるFDGと呼ばれる薬剤を投与してからpet検査は開始されます。
このFDGと言うのは、ブドウ糖に近い成分を持つ薬剤で、がん細胞組織と言うのは、通常の細胞組織と比べるとブドウ糖を多く取り込む性質が有り、FDGを投与する事でガン細胞組織の有無を発見することが出来るのです。

また、pet検査は5ミリから1センチほどの極小さなガンの早期発見にも役立てることが出来ると言われており、人間ドックを受診する人の中にはオプションでこの検査を行う人も多いと言います。
尚、この検査の対象年齢と言うのは人間ドックの検査同様に、40歳を超えてからと言われており、40歳以上を対象年齢としているのが特徴です。
但し、40歳にならないと検査を受けてはならないと言う事ではなく、40歳を超えることでガンの発生率が高くなることからも対象年齢を40歳以上としているのです。

35歳以上のpet検査

40歳になるくらいから人間ドックの重要性が説かれています。よって四捨五入して40歳を迎える35歳からの健康診断を含めた人間ドックを受けることに大きなメリットを受けることができるでしょう。病気というのは、大きく進行する前に事前に対処することで予後が非常に良好になります。そのためにも1年に1回は、自分の身体を見つけ直す日を作ることおすすめします。

最近はpet検査という画期的な診断方法ができました。これはがんの特性であるブドウ糖を取り入れるという特徴を用いて、特殊な放射線を帯びた粒子を体内に入れてがん細胞を発見できるというものです。pet検査であれば、非常に小さながん細胞も見つけることができますので、がんの早期発見早期治療の観点から効果的な役割になると言われています。高いことがネックになり、またがんの種類によっては効果がないという欠点もありますが、総合的にpet検査を含めた検診を行うことで、大変高い検査を行うことができるでしょう。